被虐待児ですがなにか

生きにくさを抱えた人間の日常。とどけ平凡。

ちょっとした幸せ

年が変わりましたね。
今年はちょっと良いものを食べて身の回りを好きなもので満たしたいですね。
年末年始神社に行って願ったことといえば「悪縁を断ち切り良縁で満たされますように」でしたね。これ周りの人もそうなってほしいね。まあ居るんですよ何人か。類は友を呼んだのかなんなのか、家庭環境に難ありみたいな人がね。みんな幸せになれー。幸せの基準は人それぞれなのでこうなれとは申しませんが。

 

時期的に内定でた方は安心、でない方は焦ってる頃でしょうか。

あのころ私はもう「就職できなきゃ死ぬ」くらいまで思いつめてましたね。
今考えるとバイトでもして食いつなぐことは出来たと思うんですけど、とにもかくにも就職して自立して家と自分を断ち切りたいのが強くて、でも自分のやりたい仕事以外をするのも嫌で、まあ欲張りっちゃそうなんですけど、今まで苦労してたぶん欲張ってもいいだろう、志は高く身は慎ましくですよ。ちゃんとほぼ希望通りのところへ就職出来ました。今は転職してさらにいいところに居ます。

 

捨てない限り希望はある。

 

希望があることが逆に辛い時も有りますけど、そこで諦めたらもったいないな、と思うわけです。手放したほうが楽だー!って気持ちにもなるけど、今が嫌だから希望もって違うところへ行こうとするわけで、お前が選ぶのはどっちだっていうね。

 

いまはちょっと良い茶葉で丁寧に入れたお茶を飲むのが幸せです。