被虐待児ですがなにか

生きにくさを抱えた人間の日常。とどけ平凡。

自覚症状の有無

医者「死にたい思いを押さえつけてたりコントロールするのは体力も精神力も使うよ。それで無気力になるのは当たり前。普通の人は死にたいなんて思わない」

私「!?!?!?(目から鱗)」

 

 

あ、そうなんですね。

 

そうなんですね。

 

考えればとても納得することなんですけど、ようやく腑に落ちた感じがしました。
そうかー力使うのか―。実際OD(薬大量に飲んだり)や自傷やらには行かないから大丈夫だと思っていた。無気力なのもC-PTSDの症状だからしかたないかと思っていた。けどそうですね、そういったつらい症状を緩和するための診察で薬物摂取であり、症状を根本治療するためのカウンセリングでしたね。

自分の症状を軽く見るのもC-PTSDの一端だと知ってはいたけど予想以上にそうだったよ……。知ってても理解するのは違うものですね。まる。